名古屋のレーシック眼科を紹介

エキシマレーザーについて

レーシック手術は、すでに視力を矯正する手術として、安全性、効果ともに確立されています。
レーシックと言うのは、レーザーで角膜の厚みを削り取り、屈折を調整して視力を矯正します。
このレーシック手術で使用されるレーザーがエキシマレーザーです。

エキシマレーザーとは、ハロゲンや希ガスのような混合ガスを使ってレーザー光線を発生させる装置です。
エキシマレーザーの光線というのは、ほかのレーザー光線と比べると波長が短いのが特徴です。
ですから、角膜の一部を削るという細かい手術でも、正確に行うことが出来るのです。

また、発がん性もないことも確認されているので、安心して手術を受けることが出来ます。
アメリカでは1995年に米国食品医薬品局で、日本では2000年の意月に厚生労働省で使用が認可されました。

エキシマレーザーは、もともと半導体の基盤などを加工するために開発されたレーザーなので、精度が高いという特徴をもっています。
精度が高いので、角膜を精密に削ることが出来、1/10000ミリ単位の屈折も調整することが出来ます。
つまり、それだけ正確に手術が出来るので、視力回復効果が高いというメリットがあります。

また、レーザーなのに熱を発しないという特徴もあります。
角膜は熱にとても弱いので、熱を発するレーザーでは角膜が変形してしまうことがあるのです。
しかし、エキシマレーザーはほとんど熱を発しないコールドレーザーです。
ですから、角膜手術にとても適していて、角膜を変形させることなくレーシック手術を行えます。

名古屋のレーシック眼科を紹介!評判もチェックメニュー