名古屋のレーシック眼科を紹介

レーシックで視力が良くなり過ぎる場合

だんだんと視力が低下していき、肉眼で生活することが不可能になってきた時に、眼鏡やコンタクトレンズを使用しますよね。

これらはレンズを通して見え方が良くなるだけで、自分の目自体が良くなっているわけではないため、疲労感を感じたりします。レンズを通さずに自分の視力がアップして手間のかからないレーシックは魅力的ですね。


「見えすぎて困ることはあるのでしょうか?」

視力の悪い人からすると、見えすぎて困るなんてことはすごく贅沢な悩みに感じますよね。視力が低下した状態で何日間か経つと、それが普段の見え方になってしまい、視力が良かった時の見え方を忘れてしまうものです。

そのため、レーシックによって視力を取り戻した時に、ハッキリと見えすぎて違和感を感じたり、しんどさを感じてしまうことがあります。それは、初めて眼鏡やコンタクトレンズをした時と同じような感覚です。



「見えすぎることからの体調不良」

上記で述べたようなレンズを通しての頭痛や吐き気が起こらないように、眼鏡やコンタクトレンズを作る時は、少し低めの度数でレンズを作ります。

レーシックは肉眼での視力になるので、そのような設定をできるわけではないため、手術をすると本来の自分の視力かそれ以上になることもあります。

しかし、レーシックによって上がった視力は、最初は慣れないために疲労感を感じることがありますが、徐々にその視力に自分が慣れてくるため、今見えている景色が日常の物となり、違和感がなくなるので安心して下さい。

眼鏡やコンタクトレンズのように作り上げた物を装置するわけではないので、レーシックによる視力向上からの頭痛や吐き気もすぐになくなるでしょう。

見えすぎることで近くの文字を見ることにしんどさを感じることもありますが、それも徐々に慣れてくるものです。

名古屋のレーシック眼科を紹介!評判もチェックメニュー