名古屋のレーシック眼科を紹介

いくつかのレーシック手術のリスク

この数年でレーシックの手術をするという人がとても増えていますが、レーシックの施術には全くリスクはないのかというと、実際はそうではありません。

比較的レーシックというのは目の手術でも簡単なものだといわれていますが、やはりリスクを考えると怖くてなかなか踏み出せないという人もいると思います。

まず一番レーシックのリスクとして考えられるのは、レーシックの手術が終わった後にドライアイになってしまうということです。
角膜の表面を削ることになりますので、瞬きをした時などにしっかりと涙腺から涙が出ずにドライアイになってしまうという人はかなり多いと聞きます。

この場合は目薬を常に持っていて、目が乾燥したら目薬をさすようにすることでフォローできるかと思います。

それから、レーシックの手術をした際にどこかに傷がついてしまい、その傷口から感染症になってしまうというリスクも考えられます。

感染症がひどくならないで治ってくくれば良いのですが、酷くなってしまった場合は、しっかりと治療を行い、最悪の場合には角膜移植を行わなければならないようなこともあるので、しっかりと信頼できるクリニックなどでレーシックを受けるようにしましょう。

そしてもう一つ考えられるレーシックのリスクというのは、レーシックの手術が終わった後に数日間眩しかったりとか、痛みがあったり涙が出たりということがあります。

しかしこうした症状は数日間経過すれば自然と治っていくようですので、そんなに心配はいらないと思いますが、3日以上経ってもこういった症状が治らない場合にはクリニックに相談するようにしましょう。

名古屋のレーシック眼科を紹介!評判もチェックメニュー